2007年07月31日

ポニーテール

今日は近所の中学校の監視
2時ごろに部活の監督さんが小学生たちを連れてやってきた
その子たちに「こんにちは」と挨拶するんだけど、一人だけそっぽ向いて挨拶を返してくれない子が居るんだ
その子は小学2年生くらいの小さい背丈にポニーテールの可愛らしい幼女
小学校の部活動に参加できるのは小学四年生からのはずだったから、小4かもしれない

一人ずつ使用者名簿に名前と現在の時刻を書いてもらうんだけど、
現在の時刻を見るためにポニテちゃんが僕の腕時計を覗き込んだ。
僕が「今は14時だよ」と教えると、ポニテちゃんは「じゅうよじって にじ?」と首をかしげながら聞き返した。とても可愛かった

幼女たちが泳いでる最中DQN隣の席に居るのは嫌なので、プールサイドに立っている部活動の監督さんとお話をした
監督さんは僕が小学生のときに部活動でお世話になったお爺さんだ。
監督さんは僕のことを忘れているだろうからそのことには触れずに、監督さんが小学生のころは川で2000メートル泳いだとかそんな話を聞いた。

プールを閉める時間になり、着替えたばかりの髪を濡らした小学生たちが使用者名簿に退場時刻に時間を書き込む。
髪を下ろしているポニーテールの幼女が「いまは よじ だから じゅうろくじ?」と僕に尋ねた
「そうだよ」と答えると、ポニテちゃんは微笑みながら時刻を書いた。

門に鍵を閉めて自転車置き場に向かう途中、すれ違ったポニテちゃんに「さよなら」と言ったらポニテちゃんも「さよなら」と返してくれた。そっぽ向きながら
posted by ぶるーすと at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。